手回し 充電 ラジオ

手回し 充電 ラジオ

では今人気の「手回し 充電 ラジオ」について感想を述べてみたいと思います。

 

手回し 充電 ラジオのおすすめは、
ソニーFM/AM ポータブル 手回し 充電 ラジオ ICF-B03です。
手回し 充電 ラジオは、大きく分けると3つの特徴があります。

 

  1. スマートフォン・携帯電話充電に対応
  2. 2種類の高輝度LEDライトを装備
  3. 防滴ラジオ

 

手回し 充電 ラジオは、計画停電・地震災害・アウトドアなどにご利用できます。
手回し 充電 ラジオは、約60分の連続使用可能です。

 

手回し 充電 ラジオは、どのような方が購入されているの?

30代から40代の女性の方が購入しています。

 

手回し 充電 ラジオの価格は、格安のお値段となっています。
1家に1台は手回し 充電 ラジオとして用意しておくと安心です。

 

ショップによっては、手回し 充電 ラジオは送料無料でご提供されています。


手回し 充電 ラジオ ソニー レビュー

電池を使わなくても良い手回し式のラジオを探していたら
ソニーのICF-B03手回し充電ラジオが評判が良いので購入してみました。

 

こちらは乾電池(単四形乾電池2個)も使えます。

 

 

SONY ICF-B03

 

 

SONY ICF-B03 とすべての付属品です。

 

  • キャリングポーチ
  • プラグ付きコード
  • 充電プラグアダプター
  • ホイッスル
  • ハンドストラップ
  • 取り扱い説明書・保証書
  • 対応機種一覧表

 

 

乾電池ぶたを開けたところ

 

充電式電池を使うには

 

 

では早速充電用のハンドルを引き出して回してみる事にします。
始めはゆっくり回し、インジケーターが緑色に点灯する速さで1分ほど回し続けます。

 

 

結構ハンドルが重いです。
女性でも回せるか妻にも1分間ハンドルを回してもらいました。
ハンドルが重いけど大丈夫ということで手が小さい女性の方が回しやすいかもしれません。

 

 

電源切り替えスイッチです。使う電源にあわせます。

 

充電式電池の持続時間

 

FM

AM

ライト

手回し充電を1分間回した場合 約40分 約60分 約15分

 

LEDライトを使うには

ソフトライト(上部ライト)とスポットライト(側面ライト)が使えます。

 

 

 

スポットライト

 

 

 

ソフトライト

 

携帯電話(スマートフォン)を充電するには

 

NTTドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話が充電できます。

 

 

左からドコモ・ソフトバンク用、au用、スマートフォン用
付属のプラグコード使って本体と接続します。

 

 

左側が携帯充電端子。右側がイヤホン端子です。

 

SONY ICF-B03を利用して充電した携帯電話の持続時間

 

連続待ち受け

連続通話

携帯電話 手回し1分間 約90分 約3分
乾電池から約1時間充電 約10時間 約20分
スマートフォン 手回し5分間 約30分 約3分

乾電池から約40分
充電

約4時間 約20分

 

機種が対応していないケースもありますのでメーカーのホームページを必ずご参照ください。

 

スマホとFOMAを試してみましたが充電することができました。
自宅や車の中、通勤途中のバッグの中などにいれておけば万が一の時でも携帯に充電できますが、おそらくつながりにくいと思われます。
こちらの機能はあくまでもおまけ程度と考え、とにかくラジオで情報収集するのが第一優先ですね。

 

購入した感想

 

以前から通勤用のためにソニーのポケットラジオを常時持っていました。
持つきっかけは新潟県中越地震でした。この時に万が一のことを考えて買ったのですがポケットラジオは本当にいいです。

 

でも結局は電池が切れてしまうと使えないということです。そうするとやはり手回し式充電ラジオは1台は必要です。
今回購入したSONY ICF-B03は、思ったよりコンパクトでとても使いやすいです。

 

またラジオの音質もきれいです。
普段の生活でも十分使えるラジオです。電池を使わないので何か得した気分になります。

 

現在は寝室にも1台追加してラジオ深夜便を聞きながら眠りについています。